2011年12月26日 (月)

ふわふわドライブ

クルマのショックがヘタってるようなので、父~ちゃんに相談したトコ、再生品なら安くで手に入るってコトだったんで、交換してもらった。
で、父~ちゃん曰く、「この前ブツけられたのが原因だわ」と、衝撃がモトで歪んでオイル漏れしてた左側を解説。でもでも「普通ココまで分解してチェックしないし、示談済みだからね」とのコト(泣)。
ん~、中古で買った8万キロ時点でKAYABAのに交換して12万キロ走ったから……寿命とも言えなくないか(苦笑)。
それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

このデザイン、ジョークではない

ひっさびさにクルマの話題。
日産サティオ宮崎さんトコにデモってあった、ジュークである。
まあ、例によって見ただけの感想です(笑)。

思い切ったデザインなんだけど、腰から下のラインがグラマラスでなかなか良い感じ。現行GT-Rを縦に伸ばしてRV化したワケなんだな。
ただ、曲面多用のデザインは、痛車化にちょい困難だと思う(笑)。
内装については、センター・コンソールが赤くメタリックにされている(!)のをはじめ、随所に赤の目立つ乗っててワクワクするようなデザイン。……狙ったのは『赤いソニック』なのか?^^;。

ただ、ちょっと残念なのは、燃費をもう少し伸ばしてリッター20kmの壁を越えてみるのに挑戦しても良かったのではないかと思う。つか、4WDモデルは、昔マーチに設定してあったe-4WDを今風に回生ブレーキ+加速アシストで復活させてみても良かったとは思うんだけど……まあ、ニッサンの本命はEV『リーフ』なんだけどね^^;。
あと、リアシートがちょっと狭いので、実質2人乗りで割り切って使うべきだろうね。……個人的には真ん中シートを全部倒せるようにして肘掛兼ジュース入れなんかにしてみたら面白そうだと思ったんだけどなぁ~。

とりあえず、やんちゃなお父さんと息子のアウトドア車にどうぞ^^;。
それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月12日 (水)

高いよ(泣)

自動車税を納付してきた。
で、45,000円と思って準備してたらエコでない車認定とかで、49,500円になっていた(号泣)。
……いくら高速料金が安くなっても、コレでは……まあ、モトは取ったか(笑)。
つか、5,000円ぐらい、ガソリン200リットルばかり余計に使なければモト取れるしな^^;。て言うか、高速道でオートマ車を使った場合は、大排気量車の方が燃費は良くなるのに……またフザけた料金体系にしようとしているしな(怒)。
でもまあ~……今後も自転車通勤に頑張るぞ(笑)。
それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月11日 (土)

あそこはねぇ~

痛々しい交通事故のお話である。
大分道・日出JCTで、柳ヶ浦高校野球部のバスが横転。高校生1人が亡くなった(合掌)。
で、位置を聞いて、別府から宇佐方面(本線を潜る構造で急カーブになっている)へかと思ったら、向きが逆だった。多分、下り坂でスピード出やすいトコに雨も降ってスリップしやすい状況だったのに、ムリに左車線に入り込もうとしてしまったコトが原因ではないかと思う。……ただ、事故の結果は重大だけど、過失なんだから何もタイホする必要は無いと思うんだけど。

日出JCTは構造的にも作り直した方が良いのではないかと思う。つか、友人が北九州に向けて走っていたトコ、地図上では右に行くようになっているものだから、本線をそのまま真っ直ぐ走ってしまい、久留米方向に突っ込んでしまったコトがあった(苦笑)。1x0km/hで走る漢なので(笑)、そのまま博多回りで走らせたけど……まあ、電話掛かってきたの、日田を過ぎてからだったからなぁ~(シ干)。
それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

コッチが本家^^;。

まあ、ホンダにしてみれば、「そっちだってストリームをパクったぢゃん」((c)絶望先生)なんだろうけど。

で、トヨタ・プリウスを見てみた。
デザイン的には先代をキープコンセプトしているのがトヨタらしいんだけど、より(PC周辺機器の)マウスっぽく感じるようなのは気のせいか?^^;。
最大の衝撃はセンターコンソール下の空間だ。ココに置いておけば、ドアのサイドポケットよりもモノを落としたり、バッグを盗まれたりするような心配が無くて良いかも。ただ、ウチ的には、父ちゃんが横着して助手席から運転席に移動するような際に、邪魔になってしまうのではないかと思う。
また、後部座席上部の絞込みも先代同様なので、背が高い人が乗り込む際には、インサイト同様にコツが必要だと思う。つか、高速道乗らなきゃ空力まで考える必要はあまり無いかと思うんだけど……。

でもでも、最近はまたガソリン代が上がり始めているので、近い将来また大活躍するのかもしれない。リッター38kmの低燃費で、東京~北九州間を無給油で突っ走れるのは、各モーター誌の実験で証明済みだ(笑)。

ただ、個人的には通勤や送迎・商業デリバリーなどの近距離移動車両の本命は、プラグカーではないかと思う。長距離ドライブには、クラウン・ハイブリッドみたいなハイソ系やエスティマ・ハイブリッドみたいな家族向けRVにこそ似合うだろうけど、プリウスは機能的には正直中途半端ではないかな? と思う。まあ、「高速道を通勤に使う地方の人向け」なクルマなんだろうね。
ミツビシのi-Meveはその点で言うと、まだ値段的にはキビしいけど、良い点は突いてきていると思う。一晩充電で100km走れれば、通勤には充分。つか技術的には、『THE鉄腕DASH』のソーラー・カーだん吉や、パレスチナのワシムさんが作ってしまったように、既存のバッテリーだけでも必要充分な性能を出せるハズなんだけど……。
その点で言うと、日本のハイブリッド車やEVは、高度な技術に一人よがりし過ぎているのかもしれない。特にEVは部品数がかなり減るため、新興国メーカーが参入しやすくなるとの指摘もある。日本のメーカーも負けないように頑張って欲しいね。

それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

ETCフィーバー^^;

2兆円の定額給付金と並ぶ緊急景気対策の目玉。休日はETC1000円乗り放題(仮)である。
チマタではETC車載機がどっこも売り切れ。まあウチは、2年ほど前に「博多往復2回でモト取れる^^;」と、もう取り付け済みなんだけどね。ちなみにトヨタのX100系には、ハンドル左のカード入れがちょうど良いETC車載機スペースになっているのだ。父ちゃんに付け直させたのはココだけの話だけど^^;。

あ、(仮)なのは、首都圏など大都市圏を通過すると、その通過料金に加え更に1000円徴収されてしまうからだそうだけど……だけど、それでも大都市圏の混雑を考えると「大都市圏の通過を回避してくださいませ」と、そのまんまな料金体系で良かったのではないかと思う。
また、特に家族連れなんかはモトより公共交通機関を使わずにワンボックスなクルマで移動してるんだから、その手の割引プラン以外は過剰反応する必要は無いかと思う。
ただ、問題もイロイロある。料金負担に公共交通機関の利用減少に炭酸ガス排出逆行に……特に、渋滞とか。あと、大型小売店の商圏が拡大するんで、地元小売店はまたタイヘンかもしれない。まあ、延岡には関係ないけど^^;。

そう言えば、延岡のETC絡みで朗報が。
延岡南道路にETCゲートが開設されました(嬉)。コレで通勤割引で100円にしてくれると、もっと嬉しいのに……。
だけど、国道218号から延岡道路を通って、南道路の有料区間を嫌って一ケ岡に入ってくる大型車両は、とっとと取り締まって欲しいな(苦笑)。
40km/h制限以上に!
それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

ターゲット・インサイト

……『レインボー・シックス/ローグ・スピア』で狙撃手が目標を捕らえたら、カッコよくこうしゃべっていたな……ちなみに発売は1999年で、それまで2DばっかりしていたトコにポリゴンFPSみたもんだから、その技術力の差に絶望したもんだよ^^;

で、ホンダ・インサイトである。
デザイン的にはトヨタ・プリウスに近いんだけど、よりシャープにしたのはホンダらしいデザインだと思う。だけど、リアを低く絞り込んだハッチバックに何か意味があるのかな? つか、後席の乗降性や居住性を犠牲にするのが理解できないんだよなぁ~。空力が意味を成すのは60km/h以上での高速走行であって、その速度以下での街乗りでは居住性を重視したもう少し背の高いデザインでも良かったのではないかと思う。ただ、新型シビックにも同様のハイブリッド・システムを乗せられるとのお話(ソースは確かカートップ)だし、シビックがOKならストリームでも……と思うので、ファミリー・ユースならもう少し待っても良いのではないかな? と思う。
ただし、値段は200万円切っているし、2人ぐらいで乗るのなら……先代インサイトみたな2ドアか、いっそのコトCR-Xみたいなスパルタンなデザインでも良かったのではないかと思う。

ただ……不況でガソリン代も安くなってしまったこのご時勢に、果たしてクルマ産業がこのままでいけるかどうか心配だ。友人も何人かリストラされちまったし……。
更に、去年の狂乱ガソリン価格によって、自動車業界が車ユーザーにもっとも気が付かせてしまってはいけなかったコトが露見してしまった。そう、移動手段としてのクルマのパフォーマンスである。
仮に宮崎ぐらいまで……1人で往復100kmを一般国道で移動するケースを考えてみよう。
この場合、燃費がリッター20kmのクルマだとガソリン代『だけ』なら1000円ぐらいで済む。だが、ココに自動車を運転するコストが1時間のバイト代……仮に500円とするなら往復4時間で2000円で合計3000円となる。ちなみに100kmをJR在来線で移動した場合、往復4000円ぐらいだが、移動時間は2時間でケータイもポータブル・ゲーム機もやり放題かつ飲酒もできれば爆睡もできる……となると、時間コストの短縮効果も含めて考えるとプライベートな移動手段としての自動車のパフォーマンスは、鉄道やバスなどの公共交通機関に見事に負けてしまうのだ。
もちろん、ウチには無縁だが(苦笑)彼女とデートにいったり、騒がしい子どもを含む一家での移動なら、クルマの方がはるかに安上がりかつ安心だ。だが、子育てにがんばる中産階級所帯の消費性向も可処分所得も低下し、数そのものもどんどん減少してしまっているのだ。オマケに市場には、一昔前から普及し始めたミニバンの優良中古車が溢れかえっている。ましてや、残価設定プラン型ローンは本来なら比較的高価な優良中古車を買っていた層を狙ったドーピング的販売方法であり、その結果はますます中古車市場をダブつかせてしまったのだ。
このままだと、新車も中古車も、販売には厳しい時代が続いてしまうのではないだろうか?
そんな中で、省燃費カーや安全性に優れた新型車を、もっと優遇する政策もあっては良いのではないかな?

それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年11月28日 (金)

丸くなっていない?

サティオ宮崎さんトコに配達にいったら、早速『キューブ』が展示してあった。
で、先代に比べたら……なんだか、丸くなりすぎていませんか? ……と、特に横から見た際のリアバンパー部の「ぽっこり」が、すんごく気になります(シ干)。やっぱし、後ろからブツけられた際の足回りへのダメージが結構深刻なケースが多かったのかもしれない。
先代キューブは友人が使っているんで、何度か乗せてもらっているんだけど、その居住性が失われていなければ良いかとは思うけど……やっぱし、キューブは四角くないとキューブとは言いたくないなぁ~……まあ、本命はやっぱしキューブ・キュービックなんだろうね。

それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

N700に対抗です

今度は、日産サティオ宮崎延岡北店さんトコに置いてあったティアナの感想。
「おもてなし」を前面に掲げたコンセプトはN700系新幹線と共通だね(笑)。パールスエード地のシートは頬ずりしたくなる(するな
^^;)気持ちよさだ。また、助手席のパワーオットマンはまたしても「奥様キラー」な装備だ(火暴)。
また、後部座席シートベルト義務化に備え、バックルを自立させていたり、チャイルドシート・アンカーを3席全てに装備するなど、安全にも「おもてなし」されているのが良いよね。
ただ、残念だったのは先代の「お寿司が出てきそうなダッシュボード」が、曲線主体のデザインに変更されてしまったコトかな? まあ曲線デザインの方が高級感が出るから仕方ないか。また、ATシフトもデザイン重視ではなく、安全性を考えてゲート式にしておいて良かったのではないかと思う。助手席の居住性に文句は無いだろうけど、後部席ではリクライニング機構が無いのがちょっと不満かな?せっかくのFFビックセダン×グラスCピラーなんだから、もうちょっと後ろに座る人のコトも考えて良いのではないかと思う。
環境&燃費面では、エクストロニックCVTを装備。ただ、燃料代的にこの手のクルマは都市内交通に使いにくいコトを考えると、いっそのコト高速道やワインディングな山道に特化させた、マニュアル車を設定しても良いのではないかと思う(ティーダには6MTを設定したばかりだしね^^;)。そう、週末に奥様を秘境へといざなう
温泉クルーザー(笑)的な使い方こそ、このクルマの真価ではないかな?

それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

もっと小さい3列シートです

ホンダカーズ延岡東さんトコに配達いったら、フリードが置いてあったので見せてもらった。
フィットがベースの3列シートなんだけど……ってこのサイズで8人乗りかよ(シ干)。確か、ストリーム/クロスロードが7人乗りだから、ひぇえ~。
ただ、シート的にはあくまでも真ん中乗車は非常用と考えるべきだと思う。また、3列目シートもか~とでも乗っても十分アタマも足もつっかえないとのコトだったけど、時間的に乗れるのは1時間が限界ではないかと思う。
細かいチェックだと、スライドドアがなかなか良いのだ。価格的にパワースライドドアが難しいトコで手動となるワケだけど、ドアノブを引かないとロックが掛かってドアが閉まらないようになっている。また、このロック機構があるおかげかもしれないけど、スライドドア自体の重さはそんなに感じず、子どもでもラクに開け閉めできるだろうね。
ガソリン高のおかげでこの手のミニミニバンの出番はますます増えるかと思う。つうか2リッター・クラス以上のミニバンを通勤とか買い物に1人で使うのが犯罪行為に等しい(苦笑)今日において、1.5クラスで8人乗りを達成したこの車はなかなかお買い得と言えるだろうね。
ただ、その一方で長距離の移動手段としてはあまりオススメできないのは、1人あたりパーソナル空間の極端な狭さ(実質6人乗りが限界でも)に、他の公共交通手段の快適さ(新幹線どころか在来線ですら、ほとんどの特急列車のシートで足が組めてしまうシートピッチを確保している)を体験してしまった人々が、どうクルマでの移動を考えるのか気になるトコだ。
やはり、エコなクルマに乗り換えよう~と需要を喚起するべきクルマなんだよなぁ~。

それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)