2012年10月17日 (水)

会ってきました

とりあえず先日の日曜日、大宰府の九州国立博物館で開催されている『ベルリン国立美術館展』を真珠の首飾りの少女に会いにと行ってきたんで、その報告を。
公開後初の日曜日なんで、お客さんの入りは凄かったけど、なんとか見てこれたアルよ。
で、こんな美術展でもついやっちまった(シ干)ミリオタ的ツッコミだけど、ベルリンに存在する美術館群の地図を前に、すぐわかった帝国国会議事堂で「ココでチェルノフは焼かれたのか」とか動物園公園のフラックタワーを見つけたり、総統地下壕を探したり、ハンナ・ライチュとフォン・グライム元帥がシュトルヒでドコに降りたのかとかと、つい探そうとスマホいじったら、速攻で警備員さんに注意されたよ(苦笑)。

でもでも、とぉ~ってもステキな博覧会でした。
時間があれば、常設展示の方も見ると楽しいかも。つか、飛鳥時代にケーソン工法があったとは(驚)。
それでは~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)