2014年11月16日 (日)

解散風たちぬ

あ~、ココまで解散風吹かしちゃうと、本決まりだね。

で、安倍政権側にとっては「過半数さえ維持できれば良い」って考えがあるのは確か。その上で(野党の嫌がる)定数削減に応じれば良いのであって、事実上の粛軍だわさ。
対する野党側は、唯一結束できるのは選挙制度改革であるコトを明確にし、その上で選挙協力を実施しなければ、世論的な安定多数を確保できない。「政権さえ取れれば(ry みたいな甘えた考えで票を集められるとは思わないほうが良い。もう、国民はルーピーやその愚かな後継者を、政権ではなく政治の現場から放逐するべきだと気づき始めているコトを肝に銘じておくべきだわさ。

それでは~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

争点ねぇ~

♪か~いさん、か~いさん、そ~せんきょ~

まあ、この時点での年内解散って、ヤケッパチつうよりも、民主党敗北後の政界地図から小沢私党を排除するのが目的なんだろうけどね。
また、いわゆる『第三極』も、単なる野合にしかすぎず、本来ならば公明・共産までをも巻き込む「選挙制度改革」でしか存在感を発揮できないのになぁ~。
つか、現行選挙制度の最大の問題=比例で大量に復活当選してしまう議員が引き起こす巨大与党内での権力闘争が、政治的不安定の原因であるっつうコト、気がつかないのがおかしいんだけどさ。

まあ、時間を見つけて、個人的に争点を整理していこうかと思う……んだけど、イロイロと忙しいのよ(泣)。

それでは~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

ぶぉ~ん

ん~と、本日10月1日午前10時ごろ、ちょっと高めのターボプロップ音が聞こえたんで、上空を確認してみたけど、MV-22アスプリー(オスプレイ)を目視できず。海岸から離れたトコにいたからなぁ~。残念。
地文航法するなら、日豊海岸沿いを南下するのが最適なハズだし、新田原と鹿屋もあるんで(ダイバートしたら、散々言われるだろうけど^^;)、運が良ければ確認できたのではないかと思う。

ただMV-22配備に関して「抑止力」と言われても、先に沖縄の怒り=在日米軍被害を理解し、その上でさらに想定されうる「脅威」を説明しなきゃ、沖縄県民には理解していただけないと思う。でもでも、更にその前に行うべき「研究」と、それから導かれる「外交政策」と「地域貢献」を実践していなかった、政治家がもっと悪いんだけど(大田実少将に代わって、沖縄に本土の2倍以上の票を与えてみろってもんだ^^;;;)

結局、「政権が欲しかっただけ」なんだろうけどさ。

で、また「政権が欲しかっただけ」で、今度は日米安保を正当化されても、現状の米中対立の根源=両国国内における税制・労働および社会保障政策に起因する格差問題と労働力の不均衡にこそ目を向けなきゃ、また日本をはじめ世界を間違った方向に迷い込ませるだけではなかろうか?
つか、TPPに中国を取り込みたいのなら、アメリカが率先して国外からの農業利権や水利権の確保を認めろよ^^;。何時でも紙屑にできる国債でなくってさ。

一方で、我が国もただ脅威を煽るだけではなく、脅威が何を恐れた結果なのかを、ちゃんと考えておくべきだろう。
いわゆる列島線戦略もヴァリャーグ改め遼寧(生還の望み薄い対艦攻撃ミッションに、相互給油で支援した後、翼を振って別れを告げあうSu-30MKKに萌えるなぁ~)も、中国八一海軍が何を恐れていているのかを理解できれば、脅威でも張子の虎でもない、現実的な問題への解答だとわかりそうなんだけどね。
マレーシアやシンガポールにインドネシア、そしてベトナムや韓国で何があったのか。そして同様の事態を日本や台湾(!)で起こされる危険性は無いのか? 
中国総領事館の襲撃なんぞしていたら、その恐怖を煽るだけではないか。

ウチや妹君には、中国から来られた友人や同僚やお客さんがいる。そんな、日本が好きで日本で働き日本に定住するコトを選んだ人々を、追い出すようなコトはできない。

今の交渉相手の指導者がダメなら、その次に目星をあて、友好な関係を築いた上で次世代に変わるまで待てば済むコトなのだけど。……コッチは5年は待たないとダメだけど、あっちは2年も待たなくて良いのは……(苦笑)。

それでは~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

応分負担の罠

すいません、最近更新が滞っています。

『新自由主義からの脱出』なる本にて、消費税に代わる財源として企業と金持ちに「応分負担」させろとの主張が出てた。
ちなみにか~とは、消費税を中心とする外線標準課税論者なんで、「それなら、そのカネの分捕り方と使い道に課税すれば済むぢゃん」とツッコミいれたくなったけど(苦笑)。

ところで、新自由主義者にとっては、この「応分負担」ってのは、願ったりかなったりな税制になっちまうんだよ。
税金の使途として行政サービスがあるんだけど、コレって「税所得の再配分」にあたり、住民として受け取れるサービスには差は無い。つまり、大金持ちでも貧乏人でも(公務員になったりナマポを受給しない限り)、受け取れる行政サービスはほぼ同じになる……いや、むしろ地域経済対策など中低所得者や中小企業への配分の方が分厚いコトすらある。
ところが、新自由主義者どもにとって、行政サービスは「自分たちのために使われないのなら無駄」にしか見えない。それらをムダムダ~と騒いでカットさせまくった挙句、自分たち金持ちはと言うと、財源不足のために実施不能になった行政サービスを「自分たちのためだけ」にカネを出して=応分負担して代行させてしまうんだ。具体的には、地域行政サービスの代表格たる治安・教育・医療福祉を標的に、チャータースクールやゲーテッドタウン・個人加盟型の健康保険に介護保険……TPP加盟を強要するアメリカの真意が見え隠れするような分野ではないか(苦笑)。
そして彼らの決まり文句は「なんなら税金納めてね」。日米のような確定申告型税制は政府支持によって成り立っている以上、自分たちが支持しない政府や地方行政に払ってやる必要も無いのだ。
タチの悪いコトに、アメリカってのは金持ちになればなるほど、金持ちにとって暮らしやすい町に住むコトを選択できる。市郡の主要財源が、住宅地の現在価値に課税される固定資産税なんだから余計にだよ。
つか、洗濯物が干してある=乾燥機を利用できないほど低所得=そんな人間が住む地域=地価下落を嫌って、洗濯物を屋外で干すコトを禁止する条例があるような市郡があるような国なんだしね。まあ、地価上昇の恩恵を利用してサブプライムローンで大やけどしたけどさ。
一方、企業活動も企業にとって規制や税負担の大きな国や地域で活動する必要は無い。利益課税の大きな国から少ない国に所得移転して終わりなのだ。そんな彼らにとって、利益を確定させる前段階に課税される消費税が低い国なんて、草刈場以外の何者でもない。
また、利益課税率の高い国では、従業員への福利厚生や年金などといった、企業社会主義を支えるように回せば、最終的に支払う税金が少なくなる一方で従業員の待遇も良くなるんだけど……コレってなんて言う帝国主義?(苦笑)。
まあ、企業社会主義も、アメリカの自動車産業のようにされちまったら、成り立たなくなるんだけどね。だから、アメリカの企業は得られた利益=役員報酬=所得税=連邦政府に収めるコトによって、アメリカ政府の通商政策を自分たちの有利にするよう取り計らってもらうんだ。
だって、アメリカって、消費税が州税=州境越えちまえば非課税な国なんだしさ。

反グローバリズム経済が食料とエネルギーの輸入を断ち切った上での鎖国によってしか成り立たない以上、我が国は自由貿易主義の恩恵を守らねばならない。その上で、国内外のハイエナ大企業からいかにして自国内経済を守るべきか、真剣に考えているかそうではないか、はっきりさせるべきではないかと思う。

まあ、応分負担=経済活動に相応する負担で良いんではないかな?
それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

で、終了!!

高速道無料化実験も終了。
これで、追い越し不能区間を50km/hで走るクセに、そうでない区間に入ったら制限速度を超えるようなバカな走り方するクルマも無くなると良いけどね。つか、コッチは2.5リッター200馬力なんで、1x0km/hまで一気に踏み込んで大概は追い抜くけど(苦笑)。
それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月31日 (月)

華氏何度ぐらい?

チュニジアに続いてエジプトもキナ臭くなったなぁ~。
まあ、国軍が「国体の護持」(この場合、国家の枠組みそのもの)を最優先すれば、最悪の事態は避けられると思うけど……。
とりあえず、ネットにデマと陰謀論は付き物だから、アラブ世界とイスラエルや欧米諸国との対立が酷くならなきゃ良いのだけど。

で、気になるのは、これらの国々でどうして、こうも急激に変わってしまったか? ってコトなんだよね。
基本的に近代国家は、中産階級……つまり「安心して食べていけるんだから、今の政府でよくね?」ってな人々が政府を支持してくれていた。
ところが、いわゆる開発独裁をとる場合、海外からの援助や国の許認可権を再配分できたりそのおこぼれをもらえる人々が「国が安心して食わしてくれるんだから、今の政府でよくね?」と、政府を支持し、それが安定的な中産階級を構成していた。
でもでも、こんな国に外資の流入による競争社会の激化とODAの減少による相対的な利益配分による影響力の減少に、モトからの収税能力や自主開発能力の不足が加われば、そんな利権配分型の中産階級では、今のドル安食料インフレの前に無力に吹っ飛んでしまったんだよなぁ~。

あと、個人的にはメディアの問題があったのではないかと思う。
つか、有償のアナログ・メディアって、結構多くの人々に仕事を与えてくれる。ウチみたいな本屋をはじめ、街の小売店や行商人に配達員に印刷屋など、多くの食い扶持を与えてくれていたハズなのだけど、それが(海外資本の)無償なネット・メディアに奪われてしまえば、これらの知的中産階級の生活がなり行かなくなってしまう。
そんな人々の不満も一緒に爆発してしまったんでないのかな?

やっぱし、有償メディアって大切なんだよなぁ~。
まあ、日本の方も、安心して本屋を続けさせて欲しいよ。
何時まで持つかは分からないけど^^;。

それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

TPP

コレに関しては、ココに纏めてあるので読んでみたけど……TPPを3行で答えろと言われれば、

1.自国通貨がインフレ傾向で
2.第一次産業が強力で
3.国内に移民や低学歴な労働力が溢れても構わない

国でないと、得にならないそうな。
具体的に言えば、アメリカは得をする一方で、日本のような国が参加すれば間違いなく食い物にされちまうそうな。実際、韓国は二国間FTAで対応しているしね。国内農業業界を説得するのはタイヘンだったらしいけど……コメの農業補償が出来高比例にしちまったんで品質が二の次にされちまったそうだけどね^^;。
ちなみに韓国の輸出産業が日本に対して優勢になるのは、自国の通貨安政策と消費税の輸出補助金化を上手に使っているからだよ。

で、『財界にっぽん』の江藤拓議員のインタビュー読んでみたんだけど、果たして今までに得てきた自由貿易と農業保護政策の果実をすべて差し出してまでTPPに参加する価値があるのかどうか疑問に思う。
農業補助に関しては、とりあえずコメ支援やったらそれ以上に流通に買い叩かれちまうし、輸出だって国内生産量の1%を超える農産物は存在しないしワケなんだしね。食糧自給率の改善云々なんて言いたきゃ、まずは岡田イオンの公害型郊外型店舗の農地破壊こそ国民に詫びるべきでないのかな?
そして何よりも、国内労働者の4割が年収300万円以下なのに、それ以下でも働こうとする出稼ぎ型(奴隷的とも言う)移民の大量流入を人権問題以外で阻止できなくなる現実を、国民はどう受け止めるのだろうか?

余りにも失うものが大きすぎるんでないのかな?
それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

自由貿易MAX

ふと思った。
TPPもCOP16も、「我が国の環境・労働・安全基準を満たせない商品は輸入しない」として、非関税障壁にしちまえば良いんだよなぁ~。
あ、でもでも国内市場の開放は同時に、工場制手工業から工場制機械業に移行してしまって最終的にはファシズム産んでしまったように、また多くの人々(その多くは真面目で変化を嫌う理想的な中産階級)を苦しめるんだよなぁ~(苦笑)。

で、今のご時勢なんだけど、国際的競争に打ち負けた国内の工場や、ネット通販や大規模店舗に市場を奪われている小売業などが、人員削減の標的になっている現状では……人員は減らされ、同世代の友人も少なくなり、多交代制勤務が当たり前となれば、おのずと友だち減っちまう。土日休めないものだから屋外の趣味の共有もできなきゃ、せいぜい携帯ゲーム機でCo-opするぐらいしかないからゲーム・コミュも発展・維持できない。価値観の異なる人々との呑みニケーションもできなきゃ、ネット上の共感も議論も一部の優良板を除いて、ウチのココみたいなオ○ニー・メディアぐらいしか発信できない。

で、残された道は、無責任なヘイト・スピーチの乱発なんだよなぁ~(苦笑)。

そんな、他者を攻撃するコトでしか価値観を共有できない情けない状況を救うには、大規模資本の暴力的な市場支配から、如何にして自国内市場を守るかが重要だと思うんだけど……。今更、保護貿易なんて時代遅れなコトが出来ない以上、せめて小売品の国籍マーク表示義務化ぐらいしてほしいな^^;。大手コンビニなんか絶~っ対「国産コシヒカリ100%!」とか表示して、差別化してくるんだしね。
あとは、企業課税は利益配分時課税で国際基準並みに。それから、個人・協働組合への非課税化。もちろん財源はみんなに平等な消費税でネ^^;;。
でもでも、充分な消費者教育をしておかなきゃ、いまだに消費税悪税論に凝り固まった年金受給者たちを説得できないだろうね。つか、高度社会福祉政策と間接税制の相性がバッチリな欧州型社会主義を目指さないと、アメリカみたいな高額納税者&企業が最優先にされて、それ以外の中小企業の資本家や労働者が、貧弱な社会保障のモトで塗炭の苦しみを味わうか、不法移民を奴隷労働させて世界的な貧困層の恨みをアメリカや韓国と共有する道しか残されてないのにね^^;;;。
あ、もう無理か……フィリピン人『研修生』6人も亡くなった亀山の事故が、日本人として申し訳なく思う。

あ、今度は『ヨーロッパ・ユニバーサリスⅢ』でも始めようかなぁ~(笑)。
それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

緊張の海

K9自走砲、テンで役に立たなかったんだな(苦笑)。
情け無い。情け無いよ、韓国軍。
とっとと、全砲門を北に向けろよ^^;。

さてさて、明日28日から、米空母「ジョージ・ワシントン」を中心とする演習が行われるそうで、公海上とはいえ排他的経済水域でデカい顔される中国にしてみればあまり気持ち良いものでは無いだろう。ただ、米海軍の狙いはシドラ湾事件の再現なんだから、北韓がなんらかのアクションを起こしてくれるとありがたいんだよね。多分、北韓はシルクワーム対艦ミサイルの発射ぐらいやるだろうから、コイツやポンコツ戦闘機を米軍は自衛戦闘で叩き落すコトぐらいするかと思う。
まあ、米軍が本気モードなら、照準用レーダーを照射しただけでもトマホーク巡航ミサイルぶっ放すだろうけどね^^;;。
ただ、北韓軍部内での「出来レース」的に見ると、海軍・陸軍は合格点だろうけど、空軍はまだ何も成果を挙げて無いんだよなぁ~。イチバンの金食い虫が、このまま何もせずにただ「役立たず」のレッテルを貼られるようなコトは無いかと思うんだけど。ましてや、この前「事故」ったコトもあるし……でもでも、航空戦したらトンデモない撃墜(旋回戦に巻き込まれてG-LOCとか、ECMで電子的飛行支援受けられなくてガス欠とか)されそうなんで、メンツ丸つぶれになりかねないか他人事ながら心配だ(苦笑)。

で、北韓の立場になって米空母機動部隊襲撃のシナリオを考えてみた^^;;;。
考えられるのは、シルクワームによる多方向飽和攻撃に航空機(高空および低空侵入)や潜水艦(場合によっては弾道弾も)を組み合わせた多重攻撃。もってイージス艦の対空ミサイルを撃ちつくさせて、敵機動部隊を弾切れで後退させるとしてみよう。
まあ、仮に1隻あたり60発のSAMを搭載している4隻のイージス艦の総発射可能数は240発として、複数艦からの複数発射を期待できるのなら、北韓側は60発のシルクワームを発射すれば、相手方の弾薬切れを期待できそうだね。
ただ、実際はそこまで多重攻撃しても、発射基地をしっかりマークされた挙句、二次攻撃を阻止するためのトマホーク発射がなされてしまう可能性が高く、結果北韓側はかなりの損害を被ると予想される。
では、別の手を考えよう。
北韓側の領空内から、航空機による接近・接触を維持しつつ、偶発的接触を装い航空機を撃墜させ、その報復と称して全面的攻撃を実行するのは、先にも挙げた様に空軍の体たらく(苦笑)を世界に知らしめてしまう可能性が高く、ムリ。
一方で、An-2による特殊襲撃作戦は、山中の低空飛行ならともかく、洋上のレーダー哨戒能力によって捕捉される可能性が高いが、奇襲的な先制攻撃時の使用や、多重攻撃時のプラットフォームとしては魅力がある。何より小さすぎかつ遅すぎてホーネットでは撃墜が困難ってのも良いんだよなぁ~。
あとは、小型船舶を用いた洋上襲撃もあるし、潜水艦や特殊工作部隊の侵入とか、イロイロありそうだなぁ~。まあ、『Ultima Ratio』とならないコトを祈ろう。

ただ……いずれにしても、宗主国・中国さまの怒りを買いそうな結果に終わりそうなんだけど……その際は、仲良く北韓崩壊時のコストを割りカンしてもらおう^^;。

ともかく、緊張していても平和な方がラクで良いよ。
それでは~!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月24日 (水)

数倍返しで撃ちまくれ

この一大事に、軍事板常見問題さんトコのトップページが出ないわ(準トップは出るそうです^^;)、JSFさんトコの週刊オブイェクトも更新されないわ(ご身内に不幸があったそうで……お悔やみ申し上げます)で、官邸並みに困ったぞ^^;。
つうか、仕事切り上げてビール飲んで寝てたら、このザマだし(苦笑)。

とりあえず、朝鮮日報の記事を引用して時系列に纏めてみよう。

0820  北韓 定例射撃訓練の中止要請を発信
1000  韓国軍 定例砲撃訓練開始(1425まで)
1434  北韓より第1回目の砲撃開始(1455まで その後も散発的砲撃)
1438  韓国軍スクランブル
1447  韓国軍 報復砲撃開始
1450  韓国軍 警報発令
1510  北韓 再度の一斉砲撃(1541まで)
1550  韓国軍 北韓に砲撃中止要請

ってトコかな?

で、気になるのは北の砲撃は半数以上海に落ちてた(苦笑)ってコトなんだけど……基地や市街地などの固定目標照準で、この数字ってのはねぇ~。
対する韓国軍側は実働4両で80発ぶっ放したとのコトだけど、ホンキの対砲兵戦やってたなら、光学観測とレーダーで発砲点を特定して砲兵陣地を集中射して装甲化されてない北韓砲兵を圧倒できていたハズなのに、北韓の砲撃を止めれなかったってのはねぇ~。つか、海岸線の固定目標ならXM982みたいなGPS誘導弾を使わなくとも(つか持っていなかったか?)、JDAMやレーザー照準で空爆できそうなんだけどなぁ~。
ただ、空爆までしてしまったとなると、事態は別の次元になっちまうから、コッチがフルボッコにされても爆撃は出来なかったのが実情だろうね。

ああ、除隊直前の兵士の死が悲しい。
それでは~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧